車の窓用のブラインド・カーテンで車中泊時の防犯・目隠し。ブラームスBRAHMSサンシェード

車中泊時に親指がもげそうになるのを防ぐには、ブラームスBRAHMSサンシェード


ブラームスBRAHMSサンシェード

 

車中泊の準備は面倒ですが楽しい物です。

 

そう思っていました。

 

あの事件が起きるまでは。

 

そのときは彼女と窓の目隠しをするために着ていた洋服を窓にはさみ、私達のプライバシーを
守るという大事な共同作業をしていました。

 

そう。夜の共同作業をするためにね。。。

bizfax,ビズファックス,低コスト

 

 

 

 

 

 

 

 

やり方としてはちょっとあけた窓の間に洋服を入れ、押さえているときに
私の彼女がパワーウィンドウをしめて固定していくという作業でした。

 

しかしあるタイミングで大変なことが起きました!!

 

このパワーウィンドウで窓を閉める。

 

という作業に完全に慣れきってかつ飽きていた彼女は信じられないことに、私のOKサインを
待たずにパワーウィンドウのスイッチを無断で押し私の指を挟んだのです。

 

「痛い」

 

ぶっちゃけそれしか言葉が浮かびませんでした。

 

だって本当に痛かったんだから。。。

 

 

てめえ閉める時確認しろって言っただろ。
 このクソビッチが、
 カーテン無しでやってやろうか?」

 

と言いたい所でしたが、

 

「ちゃんと確認してって一回しか言わなかった俺が悪いね。逆にごめん。」

 

となぜか謝っていました。

 

そうです。

 

 

敷かれているのです。

 

 

それも完全に敷かれています。

 

ダブルパンチです。

 

そして私は自分の自尊心と共に親指をあきらめました。

 

ブラームスBRAHMSサンシェード

 

もうこんなかっこいいポーズも出来なくなる。

 

そう考えたら目の前が真っ暗になり、

 

今までの親指との思い出が走馬灯のように浮かんできます。

 

 

ファミコンのAボタンとBボタンを正確に押し分ける私の親指

 

キーボードを打つときにスペースを押すときにしか使わない親指

 

そして、僕の親指を挟みながら「ごめーん」と爆笑しながら謝る私の彼女の顔が

 

 

ありがとうボクの親指。そしてさようなら。

 

ブラームスBRAHMSサンシェード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時実感したのです車中泊時の窓の隙間を無くす難しさと親指の大切さを。
あとから見たら僕の親指は軽く赤くなっただけでしたが、、

 

 

しかしそれ以来私は彼女が信じられなくなり、親指ばかりを気にするような
性格になっていました。

 

 

彼女が笑うたびに親指を挟んだときの笑いを思い出して叫びだしたくなります。

 

本当に叫ぶと彼女に怒られるか捨てられると思うので叫びませんが、、、

 

 

皆さんにもそんな悲劇を味わって欲しくない。

 

親指をもっと大切にして欲しい。

 

 

そんな強い希望からこのブラームスBRAHMSサンシェードをお勧めします。

 

ブラームスBRAHMSサンシェードは車種専用設計のため、洋服を開けた窓の間にいれて
誰かにパワーウィンドウを操作してもらい何とかはさむ。

 

ブラームスBRAHMSサンシェード

 

というようなみみっちいことをしなくても済みます。

 

固定は吸盤で行う事が出来るので、なんと親指をはさむ心配がありません!!

 

これがあれば親指をはさむリスクはほぼ0と言っても良いと思います。

 

自分の親指を大事に生きていきたいなら買うしかあなたの親指を守る方法はありません。

 

bizfax,ビズファックス,低コスト